紅葉と夕景

朝の冷気を感じながら紅葉を求め奈良県山添村の布目ダムへ
湖畔では木々が色とりどりに紅葉していましたが
期待むなしく、強風で さざ波が立ち綺麗な映り込みが見られず残念でした。
予報どおり午前中は曇り空。条件が悪くて悪戦苦闘しましたが
時折 雲の切れ間から見える青空を待ち、スローシャッターで幻想的にと目論みましたが
何だかな~って感じですね。(-"-)

布目の紅葉

香落渓、鳥見山にも行きましたが紅葉は色あせていて写欲も湧かず早々と退散。
午後から青空が広がり、綺麗な夕焼けが見れるかも?と帰宅途中 和歌浦にも寄ってきました。

和歌浦の夕景11.21

無駄足も多かった一日でしたが、それなりに楽しかったです。

済浄坊の滝

うららかな小春日和に誘われて曽爾村にある済浄坊の滝へ
滝の手前には水煙大不動明王が祀られていました。
昔 この辺りに済浄坊という修験の寺があり、修験の行者が この滝で身を清めたとの事。
道理で神秘的な雰囲気が漂っているのは そのせいでしょうか? 納得です!
エメラルドグリーンの大きな滝壺も印象的ですね~

済浄坊の滝


済浄坊の滝2

十津川村の紅葉と滝

木々の葉も色づく頃となり
秋色に染まった十津川村の紅葉を撮りたくて行ってきました。
すでに紅葉は見頃を迎え、山々は美しい錦の装いを まとって圧巻の景色でした。
最初に訪れたのは国道425号線沿いにある不動滝で
別名「高滝」とよばれているそうな。高さは46mもあるとの事。
落差が大きいので見応えのある滝ですが、水量が少なくて ちょっと残念でした。

不動滝 (高滝)
不動の滝(高滝)

不動滝を後に車で10分ぐらいで行ける大泰の滝へ
不動滝とは打って変わって水の勢いが すごい。
前日、雨が降ったのでしょうか?緑も濃く とても美しい。
道路の脇に車を止め、近くの滝見台から全景を見渡すことができます。
素晴らしい~  訪れる一見の価値ありですね。

大泰の滝
大泰の滝

清納の滝にも立ち寄ってみました。
広い滝壺と水量で迫力満点なんですが、とにかく足場が悪く滑ります。
見る限りには二人は滑ってましたっけ・・・
そんなこんなで私は撮影を却下しました。滝は撮影できませんでしたが
駐車場に戻る(4min)途中、白い木と紅葉をパチリ。

十津川村大野の紅葉
清納の紅葉

紅葉と滝の撮影三昧の一日。マイナスイオンを たっぷり浴びてリフレッシュすることができました。

陽だまりの樹の下で

紅葉の美しい季節となりました。
秋の人恋しさを感じつつ、 数年前に和歌山城二之丸広場で撮影した一コマです。
陽だまりの樹の下で、紅葉と おしゃべりを満喫する お婆ちゃんたち・・・
新型コロナの影響で日常生活も大きく変化しつつある状況下
慣れない新しい生活様式を取り入れながら生活していく上で
以前のように人との繋がりを持ちにくくなった今
心温まる風景に懐かしさと癒しを感じるのは私だけでしょうか?

和歌山城二之丸広場

コキアと紅葉

10月も半ばを過ぎて、日ごとに寒くなってきましたね~
秋色も深まり、木々の彩りも変化を見せ始め美しい紅葉が待ち遠しい今日この頃です。
以前から訪れたいと思っていた馬見丘陵公園のコキアの撮影に行ってきました。
朝日に照らされた真っ赤に染まるコキアを撮りたくて早起きして出かけたものの
すでに見頃は過ぎており、朝焼けもダメ。イメージ通りには撮れなくて残念。

馬見丘陵公園のコキア

早朝撮影でしたので時間は たっぷり。
これから何を撮ろうか?行き先も決まんない。困った、困ったぁ~
大台ケ原の紅葉は如何と撮影の神様の思し召し?・・・と、そう脳裏によぎったのでありまする。
行くか?行かないか?迷った時は、とにかく行くという視点で大台ケ原に Let's go !
山肌が鮮やかに染まっていて ちょうど見頃でしょうか・・・?
正木ヶ原の広い草原に広がる白骨を思わせる立ち枯れた木々や倒木は以前と比べて減り
幻想的な印象だっただけに何とも残念な景色に樹木の衰退を感じますね。

大台ケ原の紅葉

♪~ 行きはよいよい帰りは怖い~ 怖いながらも歩かんせ、歩かんせ ~♪
私の膝は悲鳴を上げ、ちょっと無理したかと思うも後の祭り。
駐車場に着き やれやれ。帰途に着くには、これから3時間かけて帰れねば・・・
思うだけで疲労困憊でしたが、途中 光芒に遭遇して ちょこっと撮影。
最後に福きたる。頑張って歩いた ご褒美でしょうかね~  

大台ケ原の夕景

九品寺の彼岸花

10月の声を聞き、気候も ようやく秋めいてきました。
行楽の秋となり、また芸術の秋でもあります。
彼岸花の撮影ができていなかったので思い立ったが吉日
急遽、夕方から奈良県御所市にある九品寺行ってきました。
時すでに遅し、彼岸花は かなり傷んでいました。
写欲も失せ、その辺りをウロウロ徘徊すること小一時間。
歩いた甲斐があり、傷んでいない彼岸花を見っけ~
それが こちら・・・

九品寺の彼岸花

傷んでいない彼岸花を見つけて喜んだのも束の間
ちょっとしたアクシデントで駐車場で望遠、広角レンズをコンクリートの上に落してしまった。
。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。 「なんてこったぁ~ 天国から地獄へ突き落された気分。」
落してしまったものは仕方がない。今更後悔しても後の祭りだよね~
レンズが厄祓いしてくれたと思うことにした。

水の情景

貴志川線甘露寺前駅近くの名もない池で撮影しました。
草の直線と浮き草の曲線、そして映り込みと影が面白いですね~
その中に一羽のカルガモさん登場で、あなたが主役です。

甘露寺の鴨

一向に衰える気配のない この暑さに庭の花や草木も ぐったり。
今か今かと秋の訪れを待ちわびる今日この頃です。
この季節は、体力が勝負なのですが暑さで食欲も減退しちゃうし眠れぬ熱帯夜で快眠もできない。
エアコンも一日中フル回転しているせいか体調もイマイチで意気消沈気味なんですよ。
不快指数90越えで北極にでも引っ越したくなる この暑さとコロナウイルスのダブルパンチですが
皆さん、頑張って乗り越えましょうね~

さぁ~、前置きは この辺にして・・・
今日は涼をお届けしますね~
只今 自粛モードに入っております故、以前 撮影したフォト漏れの赤岩渓谷を どうぞ。

赤岩渓谷01


赤岩渓谷02

工場夜景

ENEOS(旧.東燃)の工場夜景です。
和歌山県有田市にある石油工場と言えばENEOS。
工場夜景の名スポットで みかん畑の農道からの眺めは最高です。
その絶景まで辿り着くには狭い道を通り撮影スポットを目指し走行しますが
何せ、山の中の農道ですので ちょっと不気味でして
聞くところによるとイノシシも頻繁に出没するとのことで
気が気じゃなかったのですが、現地に着くと嬉しいことにカメラマンが2人。
気を取り直して撮影したのが こちら

ENEOS800x533.jpg

キラキラで昼間とは全く別世界のイメージに仕上げました。
たまには、こんな写真も面白いかも!

大鎌大滝

初夏の風物詩と言えば紫陽花。
8月に入って紫陽花と思われるかも知れませんが
高野山から龍神温泉に向かう途中に花園あじさい園があります。
標高1,000m付近にある為、7月下旬から見頃を迎えますが
さすがに8月ともなれば傷んだ花も多く、また開園まで1時間強あると言うことで
時季に関係なく確実に撮影ができる滝の撮影に周参見まで車を走らせましたが
山を越えて周参見までは距離もあり夏場は堪えます。
で、お目当ての滝は大鎌大滝。
落差3mの小さな滝ですがエメラルドグリーンの広い滝壺の美しさは圧巻で
訪れる一見の価値はあると思います。
小さな滝ゆえに未だかつてない光景に安堵感を抱くのは私だけでしょうか?

大鎌大滝